LEDの極性

LEDには極性(プラスとマイナス)がある。
電極の+(プラス)側を「アノード」と呼ぶ。
電極の-(マイナス)側を「カソード」と呼ぶ。

LEDの端子の長い方がアノード(+)
LEDの端子の短い方がカソード(ー)

f:id:a2hsogw:20180609094638j:plain

砲弾型のLEDの場合カソード(ー)側が平べったくなっている。